歌姫

14年前、歌の力に救われた。

人前ではじめて歌ったBar乱波洞

オーナーの岳くんに英語の歌を歌うなら

「ボーカルレッスン近くでやってるよ」と

JAZZのジャの字もわからない私が門を叩いたのは「インタリュード」

16歳からデビューし、沖縄がアメリカの統治下だった時代に

基地の中で活躍した与世山澄子先生のジャズボーカリスト教室だった

レッスンの流れは

英語の早口言葉みたいなスキャット練習〜

〜 先生のピアノと発声〜 一曲をお店のステージの上でマイクで歌う

歌姫の貫禄とオーラを存分に浴びれる貴重なマンツーマンの濃厚レッスン

当時、産後の私が唯一

一人になれる週に一度の贅沢な没頭時間で


那覇への往復道中もまた

大声で自分を癒す特別な時間

昨晩、JAZZ in Nanjo @シュガーホール

ふと見ると、そこに本番前の澄子さん!!!

今しかないと思わず駆け寄り

私のことは覚えていらっしゃらなかったけど

12月にここ同じジュガーホールでステージに立たせてもらうこと

「あの時 歌があったおかげで今があります!ありがとうございました」

「まぁ ご丁寧にありがとう」

感謝の気持ちを直接伝えられて写真まで!家宝!







最前列でかぶりつき

辛かったことも一巡り許せて泣けて

女優のように憑依させて表情で歌う

チャーミングで上品で可愛らしい

生の本物は圧倒のステージで感電しました⚡️





上質アーカイブ配信も無料で見ることができます

2:30:00頃から  https://youtu.be/3qiunUER7hA

他の出演の方々もカメラワークも極上です


JAZZ in Nanjo 素晴らしい!ありがとう!




あの頃赤ちゃんだった息子と大好きな友とJAZZ


感動を共有してくれてありがとう







#シュガーホール



閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示